介護全般についてのWebサイト「介護と看護の違い」

介護と看護の違い

介護・看護最近、人気のある職業の中に介護と看護があります。人気というよりも、手に職という意味では収入も安定していますし、どこに行っても仕事内容が同じなので、もし他の都道府県に行っても仕事内容が同じなのです。そう考えれば、仕事の大幅な変更がないので、基礎が分かっていれば、楽な仕事なことに違いありません。ただ、介護と看護でも大きな違いがあるのです。基本的に、介護も看護も人を助けるという意味では同じなのです。ただ、考え方や仕事内容は、大きく違ってくるのです。では、どのように違うのでしょうか。高齢化社会とともに介護という言葉をよく耳にしますよね。まず、介護は基本的には日常生活の延長なのです。例え家でも施設であっても、日常生活の延長であたかも、家のようなイメージで過ごすことが出来るのです。そのため、例え施設であっても心地良さと入っている人の気持ちが優先されるのです。

それとは反対に看護の場合は、療養を主に考えているのです。例えば、その人本人や家族、そして社会全体が最大限努力して健康になる手助けをするということなのです。文字からしてだいたいは分かるかもしれませんが、利用者や患者の心地良さを考慮していても、治療が優先で心地よさに関しては、やはり後回しになるのです。注射や手術などが看護にはありますよね。そのため、病院では辛い思いをしなければならないことも確かなのです。その面を考えると介護ではない経験になるので、はやりこの部分でも違うと言えるでしょう。普通に考えれば暴行となる行為も、実は特権的に医療従事者であれば許可は出ているのです。難しく言うと、療養上の世話または診療の補助をする人と定義されているので、主に治療を目的なのです。看護とは、色々な場所で年代も様々な人に対しても、健康もしくは治療のために協力をしなければならないのです。

このように、一見同じような言葉のように聞こえても、実際はこのように仕事内容とコンセプトが違うのです。ただ、介護士と看護師のこころざしは同じように感じます。例えば、人とふれあって人を助ける仕事をしたいと思う人であれば、とても良い仕事なのではないでしょうか。介護と看護は、直接人と触れ合います。そのため、愛想がない人よりももちろん愛想が良くて人当りが良い人でないと介護と看護は務まらないと思います。その方が、相手にも気持ちは伝わりますし相手にも自分にも過ごしやすい雰囲気になるでしょう。高齢化社会になると、年配の人がよく病院や施設に訪れることが多くなります。年配の方は、一人暮らしをしている場合が多くなっています。特に都会ではなく田舎の方になると、若い人は都会を求めて家を出るため、田舎には年配もしくは老人の人が増える結果になるのです。そのため、このような施設には老人が多くなるのですが、ある意味その人たちにとってみると憩の場所なのです。家に一人で過ごしていれば誰かと話しをしたくなりますよね。そのため、このような施設は病気や体調を治療するためだけでなく、心も癒してもらえるのだと思うのです。もし自分が高齢者になった時のことを考えれば、想像が出来るかもしれませんね。一人に家で過ごすよりも、誰かが話し相手になって過ごす方がよっぽど楽しいのです。介護と看護は、病気を治すよりも心を治して癒すことを目的としているのかもしれませんね。高齢化社会になった日本も、いずれはもっと介護士と看護師が必要になるのです。